【米国】トランプ大統領「民主党は反ユダヤ党だ」 イスラエル批判で物議醸したムスリム女性議員への対応非難
更新日: 2019-03-09 02:34:30
【米国】トランプ大統領「民主党は反ユダヤ党だ」 イスラエル批判で物議醸したムスリム女性議員への対応非難
  •  (0)   閲覧56Views
まとめるちゃん
+
米首都ワシントンのホワイトハウスで、大統領専用ヘリコプター「マリーンワン」に乗り込む前に記者会見を開くドナルド・トランプ大統領(2019年3月8日撮影)
https://amd.c.yimg.jp/amd/20190309-00000018-jij_afp-000-3-view.jpg

【AFP=時事】ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領は8日、民主党が連邦下院で、ムスリム(イスラム教徒)の女性議員による反ユダヤ的と思われる発言を非難する代わりにヘイトスピーチ全般に反対する決議を可決させたとして、同党は「反イスラエル」「反ユダヤ」だと批判した。

 民主党のイルハン・オマル(Ilhan Omar)氏は、両親と共にソマリアの内戦を逃れてミネソタ州に移住し、昨年の中間選挙でイスラム教徒の女性初の連邦議員となった。同氏は、これまでにイスラエルをたびたび糾弾し、ワシントンの親イスラエル派の有力なロビー団体が米政治に影響力を振るっていると批判し、激しい論争を呼んでいた。

 オマル氏は民主党が強いミネソタ州ミネアポリス(Minneapolis)で、全米初のムスリム議員となった前任者キース・エリソン(Keith Ellison)氏を引き継ぐ形で下院議席を獲得した。オマル氏は8歳の時に両親と共にソマリアの内戦を逃れて、ケニアの難民キャンプで4年間過ごした。一家は1997年、すでに多くのソマリア人が在住していたミネソタ州に移住した。

 同氏の発言については、多くの民主党議員も反ユダヤ主義的で不適切と見なしていた。しかし、それに対して革新派の人々から否定的な声が上がり、下院での決議は、イスラム教徒や他のマイノリティーの人々に対する差別全般を糾弾する内容に改められ、議会ではここ数日、他国に対する米国の忠誠心や、ユダヤ人に対する差別的発言というデリケートな問題について激しい討論が行われてきた。

 今回の論争から明らかになったのは、民主党議員の顔ぶれが民族的ルーツや宗教、ジェンダー、年齢、イデオロギーの面で多様化が進んだ分、党にとっては新たな課題が生まれたことだ。その一つに対イスラエル政策がある。

 トランプ氏は2020年の再選を目指し、共和党も昨年の中間選挙で失った下院多数の奪還を狙っている。そうした中での民主党のぶれをトランプ氏はすかさず新たな攻撃材料として活用。

「下院の昨日の決議は恥ずべきものだ」「民主党は反イスラエル党になってしまった。反ユダヤ党だ」と、ホワイトハウス(White House)で民主党を批判するコメントを発表した。【翻訳編集】 AFPBB News

3/9(土) 14:19配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190309-00000018-jij_afp-int
動画作成&編集 短時間でBGM挿入 テロップ入れ など映像編集を承ります! | 通販MORK

コメント




RRL スリムフィット レザー ジャケット


RRL フリース スウェットシャツ


RRL レザー リュックサック


RRL デニム チョア ジャケット


RRL リバーシブル ツアー ジャケット